Windows 10 を利用するときに最低限行うべきプライバシー・セキュリティ設定

本記事では、Windows 10 によるプライバシー侵害を軽減する方法を紹介します。

Windows 10 は、プライバシー保護に最適な OS ではありません。この記事は、Windows 10 の使用を推奨するものではありません

この記事は、少しでも Windows 10 によるプライバシー侵害を減らすためにどのような設定があるかを記述したものです。この記事内の設定変更による影響は十分に検証されていない場合があるためご注意ください。また、この記事に書かれていることをすべて行っても Windows 10 によるユーザーに対するプライバシー侵害を完全に防げるわけではありません

プライバシーを保護したい場合は、Linux を使用することをおすすめします

アカウントについて

Windows 10 に Microsoft アカウントでログインすることはプライバシー上推奨されません。代わりにローカルアカウントを使用することが推奨されます。

設定

Windows 10 の設定アプリで以下のような設定を行うことで、Windows 10 によるプライバシー侵害を多少軽減できます。

設定/システム/通知とアクション

以下はいずれも事実上の広告であると思われる。

設定/システム/電源とスリーブ

PC 放置時に自動で「スリープ」することでセキュリティを確保する。PC にパスワードや PIN を設定しておく必要がある。

設定/アプリ/既定のアプリ

設定/アプリ/スタートアップ

設定/アカウント/サインイン オプション

設定/検索/アクセス許可と履歴

設定/プライバシー/全般

設定/プライバシー/音声認識

設定/プライバシー/手書き入力と入力の個人用設定

設定/プライバシー/診断 & フィードバック

設定/プライバシー/アクティビティの履歴

設定/プライバシー/アプリのアクセス許可

標準アプリの削除

不要なアプリはメニューで右クリックしてアンインストールを選択するとアンインストールできるが、一部の標準アプリなどではそもそも「アンインストール」という項目が存在しなかったり、「アンインストール」が選択できない場合がある。

そういった標準アプリの一部は「PowerShell」から以下のようなコマンドを実行することで削除できる。以下は一部の例であり、他は各自要検索。

Office(のウェブ版): Get-AppxPackage Microsoft.MicrosoftOfficeHub | Remove-AppxPackage OneNote: Get-AppxPackage Microsoft.Office.OneNote | Remove-AppxPackage People: Get-AppxPackage Microsoft.People | Remove-AppxPackage Print 3D: Get-AppxPackage Microsoft.Print3D | Remove-AppxPackage Skype: Get-AppxPackage Microsoft.SkypeApp | Remove-AppxPackage スマホ同期: Get-AppxPackage Microsoft.YourPhone | Remove-AppxPackage 問い合わせ: Get-AppxPackage Microsoft.GetHelp | Remove-AppxPackage

外部ツール

Windows 10 がユーザーのプライバシーを侵害する可能性のある通信を行うことをブロックするなどの機能をもったツールは複数存在します。