バーチャルYouTuber/VTuber/バーチャルライバーとは・What is Virtual YouTuber/VTuber/Virtual Liver

更新日:2021年1月4日

本記事ではバーチャルYouTuber/VTuber/バーチャルライバーの沿革を記述する。 This article will describe the history of Virtual YouTuber/VTuber/Virtual Liver.

概要/Overview

YouTube 1endAJC_CC8

バーチャルYouTuber/VTuber/バーチャルライバーとは、日本発祥の文化で、モーショントラッキング技術などを利用して、仮想的なキャラクターとして動画投稿やライブ配信を行う人たちのこと。 Virtual YouTuber/VTuber/Virtual Liver is a culture that originated in Japan, and refers to people who use motion tracking technology and other methods to deliver videos and live streaming as virtual characters.

2016年12月にKizuna AIが自身の動画内でこの単語を使用した[YouTube]。 In December 2016, Kizuna AI used this word in one of her videos[YouTube].

Number of VTubers VTuberの数/Number of VTubers

2020年12月までの数年間で1万3000を超えるVTuberが登場し[TechCrunch]、動画コンテンツの一ジャンルとなり、VTuberのプロデュースや支援を専門とする企業、プロジェクトが複数登場した。 In the years leading up to December 2020, more than 13,000 VTubers have appeared[TechCrunch], becoming a genre of video content, and several companies and projects specializing in VTuber production and support have emerged.

活動/Activity

一般的なVTuberは以下のような活動をしている。 In general, VTubers make use of the following.

その他、一部のVTuberは以下の様な活動も行っている。 In addition, some VTubers are also involved in the following activities.

音楽関連の活動を主としている場合、バーチャルシンガー/VSingerと呼ばれる場合もある。 If the person's activities are narrowly focused on music content, they may be called a Virtual Singer/VSinger.

広報活動への利用/Use for public relations

Nebasei Cocoro Nebasei Cocoro, Rohto Pharmaceutical Co., Ltd. (licence: CC BY)

一部の企業、団体、行政などは広報活動にVTuberを利用している。以下はその一例。 Some companies, organizations, and governments are using VTubers for their public relations activities. The following are some examples.

企業とプロジェクト/Companies and Projects

VTuberをプロデュースや支援するための企業やプロジェクトが複数存在する。以下はその一例。 There are several companies and projects that produce and support VTubers. The following are some examples.

沿革/History

2016年以前/Before 2016

WEATHEROID TypeA Airi sample image WEATHEROID TypeA Airi sample image

2013年の時点で既に、現在のVTuberに類似した活動の事例が存在する。”WEATHEROID TypeA Airi”は3DCGのアバターをモーショントラッキングを用いて動し、気象情報番組の進行役を2013年から現在(2020年)まで継続して行っている[ソース]。しかし、彼女は2013年の時点でVTuberとは呼ばれていなかった。 As of 2013, there are already examples of activities similar to those of today's VTubers. “WEATHEROID TypeA Airi” is a 3DCG avatar that uses motion tracking to act as a facilitator for a weather information program from 2013 to the present (2020)[Source]. However, she was not called a VTuber as of 2013.

2016年: バーチャルYouTuberの誕生/The Birth of the Virtual YouTuber

2016年12月、キズナアイ(Kizuna AI)が自身の動画内でこの単語を使用して自己紹介した[YouTube]。 In December 2016, Kizuna AI used this word in her video to introduce herself[YouTube].

バーチャルYouTuber、キズナアイです。 I'm Kizuna AI, a Virtual YouTuber. – YouTube video

2017年: VTubersが話題になり始める/VTubers start to be talked about

2017年2月7日、日本でYouTubeライブの”スーパーチャット”機能が利用可能に[ITmedia]。この1年以上後、”スーパーチャット”機能はVTuberと高い親和性を見せることになる。 On February 7, 2017, YouTube Live's “Super Chat” feature became available in Japan[ITmedia]. More than a year later, the “Super Chat” feature would become highly compatible with VTubers.

2017年8月12日、電脳少女シロ(Siro)が活動開始[ソース]。その後、FPSゲームの才能や、サイコパス的発言が話題に。 On August 12, 2017, Siro started its activities[Source]. Later, his talent for FPS games and psychopathic remarks became a hot topic.

2017年9月7日、ホロライブ(Hololive)の1人目のVTuber”ときのそら(Tokino Sora)“が活動開始[ソース]。その後、歌の才能などが評価され話題に。 On September 7, 2017, Hololive's first VTuber “Tokino Sora” started its activities[Source]. Later, her talent for singing and other aspects of her life were recognized and talked about.

2017年10月27日、ミライアカリ(Mirai Akari)が活動開始[ソース]。元々一定の人気のあったエイレーンというクリエイターが新しいプロジェクトとして”Mirai Akari Project”を開始した。 On October 27, 2017, Mirai Akari started its activities[Source]. EIREN, a creator with a certain popularity, has started a new project called “Mirai Akari Project”.

2017年11月9日、”バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん”が活動開始[ソース]。彼女/彼の中身は男性であり、アバターは女性のように見え、声は男性であった。彼女/彼はアバターや機材をすべてを自分で用意し、技術的な会話を好み、注目を集めた。 On November 9, 2017, “Virtual Noja Loli Kitsunemusume Youtuber Ojisan” started its activities[Source]. She/he was male inside, her/his avatar looked like a woman, and her/his voice was male. She/he provided all of the avatars and equipment herself/himself, preferred technical conversations, and attracted attention.

2017年12月10日、輝夜月(Kaguya Luna)が活動開始[ソース]。その後、独特な声などが話題に。 On December 10, 2012, Kaguya Luna started its activities[Source]. After that, her unique voice and other characteristics became a topic of conversation.

2018年: 生配信というコンテンツ形式の普及、VTuberの急速な増加/Spread of the content format of live streaming, Rapid growth of VTubers

Number of VTubers VTuberの数/Number of VTubers

2018年2月8日、にじさんじ(Nijisanji)の最初のバーチャルライバー8人が活動を開始[ソース]。彼らはその名の通りライブストリーマーという位置づけであり、ゲームの生放送などを行った。彼らの影響もあり、それまで動画コンテンツが多数を占めたVTuber界隈に生放送というコンテンツの形式が普及した。 On February 8, 2018, the first eight Nijisanji virtual livers began their activities[Source]. As their name implies, they were positioned as live streamers, and they broadcasted games live. Due in part to their influence, the content format of live broadcasting became popular in the VTuber world, where video content had previously dominated.

2018年3月19日、ユーザーローカルによるとVTuberの人数が1,000人を突破[ソース]。 On March 19, 2018, the number of VTubers surpassed 1,000 according to UserLocal[Source].

2018年10月3日、BBCがVTuberに関する記事を公開[BBC]。 On October 3, 2018, the BBC published an article about VTubers[BBC].

2018年12月19日、ユーザーローカルによるとVTuberの人数が6,000人を突破[ソース]。増加傾向は続いているが、ある程度増加スピードは落ち着きを見せた。2018年はVTuberが急速に普及した年と言えるかもしれない。 On December 19, 2018, the number of VTubers surpassed 6,000 according to UserLocal[Source]. Although the trend of increase continues, the speed of increase has calmed down to some extent. 2018 could be called the year that VTubers rapidly became popular.

2019年: リアルイベントへの参加が増加/Increased participation in real-world events

2019年、VTuberのテレビ番組への出演や現実世界のイベントへの参加が増加した他、ゲームとのコラボなども行われた。 In 2019, VTubers increased their appearances on TV shows and participation in real-world events, as well as collaborations with games.

2019年1月2日、日本の公共放送”NHK”が人気音楽番組”のど自慢”のVTuber版を開催[ソース]。 On January 2, 2019, Japan's public broadcaster NHK will hold a VTuber version of the popular music program “Nodo jiman”[Source].

2019年1月17日、週1回放送の30分のテレビ番組”超人女子戦士 ガリベンガーV”の放送が開始された[Wikipedia]。この番組の主な出演者はVTuber。 On January 17, 2019, the weekly 30-minute TV show “Choujin Girl Warrior Garibenger V” began airing[Wikipedia]. The main performers of this show are VTubers.

2019年7月22-23日、幕張メッセでVTuberやその他様々な人およびキャラクターが参加する音楽フェス”DIVE XR FESTIVAL supported by SoftBank”が開催された[Mogura VR]。 On July 22-23, 2019, the music festival “DIVE XR FESTIVAL supported by SoftBank” was held at Makuhari Messe with the participation of VTubers and various other people and characters[Mogura VR].

2020年: VTuber人気が継続しある程度固定的な地位を得る/Continued popularity of VTubers and gaining some fixed status

2020年、世界は新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に直面し、様々な業界が多大な影響を受けたが、VTuber業界はそこまで大きな影響を受けなかった。それは彼らの活動が主にオンライン上で行われているため。ただし、現実空間でのイベントなどには影響があった。 In 2020, the world was faced with the spread of a new coronavirus (COVID-19), and various industries were greatly affected, but the VTuber industry was not as badly affected. This is because their activities take place mainly online. However, it did have an impact on events in real space.

2020年1月1日、”NHKバーチャル紅白歌合戦”が行われた[NHK]。 On January 1, 2020, the “NHK Virtual Kohaku Uta Gassen” was held[NHK].

2020年1月15日、ユーザーローカルによるとVTuberの人数が10,000人を突破[ソース]。 On January 15, 2020, the number of VTubers surpassed 10,000 according to UserLocal[Source].

2020年8月10日、にじさんじ所属”加賀美ハヤト”がバンドの全メンバーをモーショントラッキングした上で行った生配信でYouTubeの同時接続数13万を記録した[ソース]。VTuberの生配信の同時接続数は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり上昇傾向が続いていた。 On August 10, 2020, “Hayato Kagami” from Nijisanji motion-tracked all the members of the band, and the live streaming recorded 130,000 simultaneous connections on YouTube[Source]. The number of simultaneous connections for live streaming by VTubers continued to rise, partly due to the new coronavirus(COVID-19).

2020年8月24日、この日時点のPLAYBOARDの集計によると”スーパーチャットの累計金額ランキング”上位10人のうち7人がVTuberだった[Gigazine]。 As of August 24, 2020, according to PLAYBOARD, 7 of the top 10 players in the “Super Chat Total Amount Ranking” were VTubers[Gigazine].

2020年9月9日、英語圏向けVTuberグループ”ホロライブEnglish(Hololive-EN)“が活動開始[ソース]。その後、英語圏で一定の人気を得た。 On September 9, 2020, “Hololive English(Hololive-EN)” a VTuber group for English-speaking countries, will begin its activities[Source]. Later, it gained a certain popularity in the English-speaking world.

Screenshot 2020-12-30 virtual-youtuber.userlocal.jp Screenshot 2020-12-30 virtual-youtuber.userlocal.jp

2020年10月22日、”ホロライブEnglish(Hololive-EN)“所属Gawr GuraがVTuber史上最速でYouTubeのチャンネル登録者数100万人を達成[PANORA]。 On October 22, 2020, Gawr Gura, a member of Hololive-EN, became the fastest VTuber ever to reach 1 million subscribers on YouTube[PANORA].

政治的な影響/Political influence

2020年ホロライブ所属VTuberの政治的炎上/Political flames of VTubers affiliated with Hollow Live in 2020

2020年9月、ホロライブ(Hololive)所属VTuberが「生放送内で”台湾”を国として表示した」などとして中国のネットユーザー内で炎上、その後事態の収集を図りホロライブが発表した声明の内容が日本版と中国版で異なっており、中国版に「”1つの中国”の原則を支持する」などと書かれていたことが日本などで問題になった[ITmedia]。 In September 2020, a VTuber belonging to Hololive caused a firestorm among Chinese netizens for “displaying “Taiwan” as a country in a live broadcast”, etc. Later, in order to collect the situation, Hololive released a statement that differed between the Japanese and Chinese versions. In the Chinese version, the words “support the principle of “one China”” were written, which became an issue in Japan and other countries[ITmedia].

本件は台湾や香港のメディアで取り上げられた他[P2y,P2y]、「対中政策に関する国会議員連盟 (Japan Parliamentary Alliance on China/JPAC)」の総会でも取り上げられた[P2y]。 The case was covered by the media in Taiwan and Hong Kong[P2y,P2y], as well as at the general meeting of the Japan Parliamentary Alliance on China (JPAC)[P2y].

以下本件を非常にわかりやすく要約したYouTubeのコメント。 Here's a YouTube comment that summarizes the case very clearly.

要するに はあちゃま「台湾のリスナーは7%ね」 中国「台湾独立の支持者かよ!むっきー!怒ったぷん!殺害予告おくってやるぷん!!」 台湾ニュース「理不尽にキレてて草」 in a word VTuber: “Taiwanese listeners are seven percent. China: “You're a supporter of Taiwan independence! Mukki! I'm angry! I'll send you a death threat! Taiwan News: “Unreasonably pissed off grass. – YouTube comment

本件は、いくらVTuberと言えどもここまで大きなコンテンツとなったからには、政治的対立と完全に無関係でいることは非常に困難であることを示しているかもしれない。 This case may show that it is very difficult for VTubers to be completely independent of political conflicts, since they have become such a big content.

#VTuber