Windows 11 は Edge 以外のブラウザでリンクを開くのをブロックしている

Windows 11 ビルド 22483 および 22494 (いずれも Insider Preview) では、EdgeDeflector などの Microsoft Edge を回避する方法が使用できなくなった。

Microsoft は microsoft-edge:// という特殊なリンクを使用することで、デフォルトのブラウザ設定を無視し、Microsoft Edge を使用してウェブサイトを開こうとする。

EdgeDeflector は、Windows 10 および 11 で散見されるこの microsoft-edge:// という特殊なリンクを傍受して https:// という一般的なリンクにリダイレクトし、Microsoft Edge 以外のブラウザがリンクを開けるようにするアプリである。

しかし新しいビルドでは、microsoft-edge:// というリンクを Microsoft Edge 以外のアプリが処理できないよう変更された。つまり、Microsoft Edge の使用を強制するようになった。

この変更は反競争的であり、各地域の独占禁止法上問題がある可能性があると指摘されている。

ユーザーとしての最善の行動は、地元の規制当局に通報するか、Linux を使用することである。